トミー ヒルフィガーが、FALL 2019 TOMMYNOW“SEE NOW BUY NOW” ランウェイイベントをNYで開催

2019.9.11

トミー ヒルフィガーは、ファッションにおけるインクルーシビティ、ダイバーシティー、そしてエンパワメントを賞賛するTommyXZendayaコレクションにフィーチャーした、TOMMYNOWを開催しました。

この体験型ランウェイイベントは、世界中を旅して5シーズン発表してきた後、トミー・ヒルフィガーとアメリカの女優ゼンデイヤと共同でデザインされた、FALL 2019 TommyXZendayaコレクションを発表するために、ニューヨークファッションウィークに戻ってきました。

 インシーズンに行われるTOMMYNOWランウェイショーは、世界中のコンシューマーに、ブランドのスピリットを伝えるために行われてきました。FALL 2016シーズンから、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの街から街へと旅をし、どの街でもその地域の観客の若々しく楽観的なエネルギーが、トミー ヒルフィガーに力を与えてきました。

”TOMMYNOW starring TommyXZendaya” は、2019年9月8日(日)午後8時30分(EST)より、ハーレムにある数々の世界的にアイコニックなエンターテイナーのショーを開いてきた、アポロシアターにて開催されました。このイベントはトミー ヒルフィガーで成功してきている象徴的な”See Now, Buy Now”の形式で行われ、ランウェイで着用されたルックは、世界70カ国以上の国々で、全てランウェイ開始と同時に購入が可能となりました。


                                         

TOMMYNOW STARRING TOMMYXZENDAYA


TOMMYNOWは、トミー ヒルフィガーとアメリカの女優ゼンデイヤにより共同でデザインされたTommyXZendayaコレクションのセカンドシーズンを発表するために、ニューヨークファッションウィークに戻ってきました。ファッションと個性、自信とダイバーシティーをエンパワリングするコレクションを祝し、音楽界のレジェンドやトップエンターテイナー達のスピリットがそこかしこに感じられる、ハーレムの象徴的なアポロシアターで開催されました。

時代を象徴する70~80年代のパワードレッシングは、大胆でモダンなエッジを加えて再解釈されました。サルトリアルテーラリングやスカーフ使いは、洗練された星座モチーフや、シャレたアニマルモチーフと共に引き立たされます。
予想外のプロポーションに映えるシグネチャーの千鳥格子やポルカドットのプリントは、マキシスカートやラップドレスにユニークな遊びを加えます。

あたたかみのあるバーガンディとメタリックやモノクロのパレットミックスは、新鮮なエッジを与えます。クリーミーなレザーや、フェイクファー、リッチなベルベットやプレミアムなデニムなど、ラグジュアリーな生地はコレクションに一体感を生みだします。

FALL 2019シーズンは、過去のアイコンを賞賛し、現代的なツイストを加え、明日のコレクションを創ります。
また、パワフルで、インスピレーションを与える女性像を抱き、タイムレスなシルエットは新しい時代に向けて新しく創造されます。

THE CAST
70年代のNYアップタウンにインスパイアされつつ、非常に多くのバックグラウンドやサイズ、年齢、ジェンダー表現や人種など、インクルーシブ&ダイバーシティーなキャスティングが行われました。

ウィニー・ハーロウ、ヤスミン・ワイナルドゥム、サラ・サンパイオなど、10年間に渡りトミー ヒルフィガーのショーや撮影などで関係のあるモデルも参加。また、アシュリー・グラハム、キャンディス・スワンポール、アレク・ウェック、パク・スジュ、ハリマ・アデン、レオミー・アンダーソン、Yasmin Warsame、そしてニューウェーブなタレントのAaliyah Hydes、アビー・チャンピオン、Babacar N’Doye、インディラ・スコットなども登場しました。


TOMMYNOW STARRING TOMMYXZENDAYA
プレス関係者、バイヤー、インフルエンサー、そして消費者を含む900人以上のゲストが、ハイエナジーで予想外のファッション体験が出来るショーを楽しむためにアポロシアターへ招待されました。アポロシアターの象徴的なマーキー(劇場入口のひさし)に、TommyXZendayaの文字が入り光ると、ゲスト達はアポロシアターの歴史を物語るトンネルをぬけて”TOMMYNOW Starring TommyXZendaya”の世界へと迎え入れられました。

このトンネルには、”Vintage Black Glamour”の著者で文化歴史研究家のニシェル・ゲイナーによる、30年代から80年代までのハーレムの象徴的な音楽シーンを題材としたキュレーションが行われました。

ゲストは劇場を抜け外に出て、アポロシアターのレンガの外壁を囲んだショー会場へと進みます。アメリカンクラシックカーや、バーガンディのベルベットのソファ、そして木の椅子など、70年代のハーレムのツイストを加えた映画のセットのような空間が、ヴィンテージのスポットライトに照らされて、その時代をしのばせます。

劇場内の売店では、当日しか手に入らないスペシャルTシャツ”TommyXApolloXZendaya T-shirt”を購入することができました。その収益は全てアポロシアターに寄付されます。モデルがランウェイを歩く時は、70~80年代初頭のファンクミュージックが、ヴァイ・ヒギンセンが運営する、ハーレムにあるパフォーマンストレーニングセンター The Mama Foundation for the Artsから来た20人のアーティストによって演奏されました。

トミー ヒルフィガーのユニークな購入体験を提供するという約束を守るべく、ファンの方達はショーが始まる前に、アポロシアターの外に設置されたTommyXZendaya experience busに乗って購入する事ができるアトラクションが公開されました。その場でローカルのアーティストが、ゲストのベストなパワーポーズの似顔絵イラストを描いたり、Fall 2019 TommyXZendayaの広告キャンペーンと同じ背景で撮ったような画像が出来る撮影ブースも設営されました。

バスはこのあと2019年9月13日(金)~14日(土)に、NYのSOHOエリアにも出現し、コレクションを体感し購入することができます。バスのデザインは、今季のコレクションからとったバーガンディと、TZHモノグラムロゴ、スネークスキン柄のプリントなどが施されています。

INNOVATION INCUBATOR
TOMMYNOWは、会場にいるゲストと世界中の観客にとって、感動をもたらすユニークなアクティベーション開発のインキュベーターであり続けます。今シーズンのトミー ヒルフィガーは、ヘッドセットを不要とするVRで購買体験ができるプラットフォームを紹介しました。

ショッピングにVRテクノロジーを用いて行うというトレンドを昇華し、業界初のスケールで提供しました。VR体験は、モバイルやPCのどちらからでもtommy.comで体験でき、TOMMYNOWの会場にデジタル上でアクセスし、会場内コンテンツやモデルなどを見ながらコレクションを購入することができます。ユーザーはヴァーチャルポップアップショップに行ったり、バックステージのドレッシングラックに掛かっているルックを見たり、モデル着用のルックを購入することができます。各アイテムに付けられているタグをクリックすると、商品詳細が見られ、カートに入れることができます。

ショー当日は、アポロシアターに設置されたカメラを通して、レッドカーペットやバックステージ、フロントロウを含むTOMMYNOWの世界をライブで楽しむ事ができます。そしてこのVRエクスペリエンスは、2019年9月末まで体験することが可能です。 

GUESTS
フロントロウには以下の華やかなゲストが顔をそろえ、日本からは女優 / モデルの三吉彩花さん、E-girls / Flowerの佐藤晴美さんが来場したほか、ELLE Girl UNIとしても活躍している3人のインフルエンサー:ベイカー恵利沙さん(スタイリスト/ライター)、haru.さん(High(er) Magazine編集長/ビデオグラファー)、高瀬真奈さん(モデル)も参加しました。

ジジ・ハディッド、ベラ・ハディッド、マリーナ・ルイ・バルボサ、タリア、スカイ・ジャクソン、ハンター・シェーファー、バービー・フェレイラ、シドニー・スウィーニー、インディア・ムーア、H.E.R.、ケラーニ、メーガン・トレイナー、オリビア・パレルモ、ジャミーラ・ジャミル、ジョバンナ・バッタリア・エンゲルベルト、スヴェヴァ・アルヴィティ、スキ・ウォーターハウス、シャニーナ・シェイク、イスクラ・ローレンス、ベサン・ハーディソン、ヴェロニカ・ウェブ、ヴァイ・ヒギンセン、トミー・ヒルフィガー夫人のディー・ヒルフィガー

Photo Gallery

トレンド

まだデータがありません。

ポンテヴェキオがウォッチコレクション リリースパーティーを開催【腕時計】

ダイエットにも。おなかの脂肪を減らすのを助ける「リセヨーグルト」「のむリセヨーグルト」

不用な化粧品が、学生アート作品の一部になる「コスメ下取りキャンペーン」を開催! 小田急百貨店町田店

H&MとイギリスのアイコニックブランドRICHARD ALLAN(リチャード・アラン)がウィメンズウェアでコラボレーション

新潟発の乳酸菌発酵酒粕を広げる酒粕専門スタンドHacco to go!が2019年9月、吉祥寺に新しくOPEN。

COMMUNITY MILLがアメリカンヴィンテージ雑貨や家具を集めたWEEKEND GARAGE SALEを開催